相続開始前

  • 相続税がどの程度か知っておきたい
  • 生前贈与を検討している
  • 借金など今まで行ってきた対策が正しいか確かめたい
  • 遺産分割で、もめないようにしておきたい
  • 遺言に興味はあるが、どうしようか迷っている
  • 貸宅地問題を解決しておきたい
  • 上場株式や投資信託が多い
  • 預貯金の分散をしている

節税には大きく2通りの方法があります。 1つは「贈与」、もう1つは「財産評価を下げる方法」です。財産を贈与をすると贈与税がかかりますが、工夫することで相続税よりも安く済ませることができます。
一方、「財産評価を下げる方法」には、小規模宅地等の特例を適用できるように工夫して評価額を安くする方法などがあります。

相続対策で気をつけなければならない点は「相続争い」を防ぐことです。 相続をキッカケに兄弟姉妹間で相続争いが起き、親戚付き合いもなくなってしまったというケースや相続人関係が複雑で話合いがしにくいケースがあります。 このようなことがないように、まず、自分の財産を死後、どのように分けたいのか、「遺言書」にして残しておけば、相続争いは避けることができるのです。 さらには、財産を分けやすくする方法もあります。土地を1人で使いすぎない、あえて建物を建てない土地を残しておく等が考えられます。

忘れてならないのが納税資金の確保です。相続税額は下げることができたけれども相続税を納付する資金がないのでは本末転倒です。
財産が自宅のみの場合などは、納税資金の確保ができなければ自宅を売って納税することになってしまいます。
対策方法としては、例えば物納用の土地を残す、会社からもらう死亡退職金を使う等の財源対策が重要になります。
また、生命保険金には非課税額があるので、うまく使えば納税資金の確保だけでなく節税にも効果的です。

遺言により、誰にどの財産を相続させるかを特定すること、事業を相続人にスムーズに承継することも生前対策として重要な事項です。相続の生前対策は直前でも効果があるものから、ある程度年数をかけなければ効果のないものもあります。生前対策は行って無駄なものではありません。後悔しないためにもご興味がございましたら一度ご相談ください。 ここで、遺言の種類・生前対策の例示・事業承継のポイントをご紹介します。

遺言

遺言の意義
遺言は遺言者の死亡によって、その時から効力が生じます。相手方の承諾などは不要です。 遺言にはいくつかの種類があります。

【普通方式】

  • 自筆証書遺言 家庭裁判所の検認が必要
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

【特別方式】

普通方式による遺言が困難又は不可能な場合に認められる方式です。

納得のいく遺言書作成までには、ある程度時間がかかります。
当事務所では、ご満足いただけるような遺言書の作成にご協力いたします。
お気軽にご相談ください。

ご相談は、お気軽にどうぞ。

03-5693-2701